不倫相手がシングルマザーで援助する場合は

不倫相手がシングルマザーで援助する場合は

不倫相手がシングルマザーで援助する場合は

不倫相手がシングルマザーで援助する場合は

 

不倫相手がシングルマザーの場合は、援助をすることになる場合もあります。そんなときには、あらかじめどれくらい援助をするかを決めておくことが大事です。

 

そうしないと、毎回会うたびにお金を請求されるようになったり、いつも困っているといって頼ってこられることがあります。特にシングルマザーは、一人で子供を育てているのですごく大変です。お金の面で苦労をしている人が多いので、たいてい援助をすることになります。

 

自分にも家庭があり子供がいる場合には、自分の家庭のことも考えて援助をしないといけません。援助しすぎて自分の家庭が崩壊してしまわないようにすることが大事です。

 

シングルマザーを不倫相手に選ぶ場合には、それなりにお金に余裕がないと無理な場合が多いです。相手に子供が何人いるのかとか、不倫相手がいくらくらい稼いでいるのかなども事前に把握しておくことが大事です。

 

あとで、かなり高額なお金を請求されてしまうこともあるので注意が必要です。

不倫相手がシングルマザーだった時に注意しなければならないのは!

不倫相手がシングルマザーで援助する場合は

 

不倫相手がシングルマザーだった場合には注意をしないといけない点があります。それは、相手には特定のパートナーがいません。そのため、中には本気で再婚相手を探している人もいるのです。

 

男性は、一時の遊び相手とか安らげる相手としてシングルマザーの女性を不倫できる人として選んだだけでも、シングルマザーの女性の方は本気で結婚をせまってくることがあります。

 

私のことが好きなら、奥さんを別れて私と結婚して、といってくる人もいますし、最後は結婚してくれないなら奥さんにばらすといって奥さんにばらされてしまうこともあります。シングルマザーは、旦那さんがいませんし、男性からしたら不倫をするにはちょうどいい存在として見られがちです。

 

でも、シングルマザーでもちょうどよく遊べるだけの場合と、本気になって再婚をしてほしいとせまってくる場合があるので、その点は本当に注意が必要です。癒しとか安らぎを求めていただけなのに、奥さんにばらされたりして自分の家庭が壊されてしまうこともあります。

関連情報(外部リンク)

トップへ戻る